3泊4日本島・離島どっちも楽しむ旅

1日目
13:00
那覇空港

沖縄の玄関口である那覇空港内には、ご旅行の計画や旅行中の支援を行う専門の窓口「しょうがい者・こうれい者観光案内所(沖縄バリアフリーツアーセンター)」があります。旅行前や旅行中の相談対応はもちろん、車いすやベビーカー、チェアボート、介護機器などのレンタルサービスも行っています。

また、「身障者専用乗降所」が整備されていて、車への乗降も安全です。

移動には、福祉車両のレンタカー(リフト付き、自走式)や、ドライバーが旅に同行する介護タクシー、お仲間との旅行やスポーツ合宿などの場合は、「そらぽーと号」やリフト付きの大型バスがおすすめです。

1日目
14:00
美らSUNビーチ

全長700メートルの県内最大のビーチです。
那覇空港から車で15分とアクセス性に優れています。

海辺で自由に遊べるビーチ対応の車いす“チェアボート”のレンタルを行っています。チェアボートは水陸両用なので、水際に手軽にアクセスでき、マリンレジャーを存分に満喫することができます。

体験者の声

  • チェアボートの海上での安定感が良く、快適にマリンアクティビティを楽しめた。
  • シャワー室や更衣室がバリアフリー化されており、安心して利用できた。

1日目
17:30
やんばる学びの森(宿泊施設)

やんばるの山々を眺めながら、ゆったりとくつろげる宿泊施設です。夜には、空一面に輝く満天の星を眺めることができます。春~夏には宿の前にヤンバルクイナが姿を現すこともあります。
バリアフリー対応のお部屋が4室完備されており、お体の不自由な人も気兼ねなく宿泊することができます。

また、宿泊者限定のナイトハイクツアーでは、夜行性の生物や満天の星空だけでなく、運が良ければ、寝ているヤンバルクイナを観察することもできます。

  • 車いすの方でもナイトハイクツアーはご参加頂けます。ご参加にあたっては、事前連絡及び介助の方1名のご帯同が必要となります。また、散策コースはヨンナーコース(バリアフリー対応のコース)となります。

2日目
6:30
やんばる学びの森

自然解説員の案内のもと、やんばるの森の中で四季折々の自然の変化や動植物たちの生態について学べます。
また、解説員からは、地元の人々と自然の関わりなど、面白いエピソードを聞くこともできます。

森の中は少々アップダウンがありますが、車いすの方でも通れるように木道が整備されており、誰でも気軽に自然にふれることができます。

体験者の声

  • コース内に段差がなく、車いすでもやんばるの大自然を満喫することができた。

2日目
11:30
ビオスの丘

亜熱帯特有の植物や珍しい小動物たちに出会える、自然豊かな観光施設です。園内には、大きな池があり、車いすでも乗船できる湖水観賞舟に乗って船頭さんの案内のもと、楽しくジャングルクルーズをすることができます。

体験者の声

  • 大きな段差もなく、車いすでも快適に園内を散策することができた。
  • 車いすのまま、スムーズに湖水鑑賞船に乗ることができた。

2日目
15:00
首里城公園

琉球王国の政治・外交・文化の中心地であった首里城。「守礼門」や「奉神門」等の色鮮やかな建築物から、当時の豊かな文化を感じることができます。

また、園内のインフォメーションセンター「首里杜館(すいむいかん)」では、公園の模型や映像資料が展示されており、首里城について詳しく学ぶことができます。

  • 2019年10月31日に発生した火災の影響により、一部立ち入り制限(正殿付近)があります。

3日目
11:00
石垣空港

2日目は那覇市内に宿泊し、9:30に那覇空港を出発して石垣空港へ。

石垣島の玄関口である石垣空港は、車いす対応のトイレ等、バリアフリーに対応した施設となっております。

島内の中心地には、福祉車両のレンタカーや介護タクシーを利用して移動することができます。また、空港から運行している路線バスは、ノンステップバスとなっており、車いすの方でも簡単に乗降できます。

  • 介護タクシーは車いすの種類等により、車いす使用のままではご利用頂けない場合があります。

3日目
12:00
川平湾

日本百景にも選ばれている石垣島を代表する絶景スポットです。白一色の砂浜と、エメラルドグリーンの海の色のコントラストが別世界へと連れて行ってくれます。

ビーチからはグラスボートが出ており、水中の珊瑚や熱帯魚を船の上から間近で観ることができます。

ビーチに専用のマットを敷くことで、簡単にボートに近づくことができ、乗船にあたっては、スタッフの方が介助をしてくれます。

体験者の声

  • ビーチ用のマットがあったことで、自分の車いすでビーチまで近づくことができた。
  • 展望台の柵の一部が透明になっていて、視線の低い車いすでも景色を楽しむことができた。
  • グラスボートは車いすの種類等により、利用頂けない場合があります。
  • ビーチ専用のマットは常設されておりませんので、ご利用を希望される場合は、下記までお問合せ下さい。

3日目
13:30
やいま村

豊かな自然の中に古き良き八重山の家並みを再現した日本最南端のテーマパークです。

やーあしびー(家あそび)体験、シーサーの絵付けやミンサー織り、マングローブ散策など様々な体験メニューが充実しており、なかでも小さなリスザルへの餌やりは人気があります。

体験者の声

  • 園内全体がバリアフリー化されており、車いすでもバリアを感じることなく周ることができた。
  • 地元の方と音楽や踊りを通して、交流することができた。

4日目
9:00
石垣港

3日目は石垣島内に宿泊。翌朝、石垣港から竹富島に出発します。

石垣島から周辺の離島に行く際は船が主要な移動手段になります。石垣港のターミナル内はバリアフリーに対応しており、車いす対応のトイレ等が整備されています。また、スロープが整備されており、車いすの方でも簡単に乗船することができます。

4日目
9:30
ゆがふ館

竹富島の自然と伝統文化・芸能を紹介する施設です。竹富島の自然と人々の暮らしを、島の言葉で紹介します。

4日目
10:30
水牛車観光

三線の音色と心地よい揺れに癒されながら島内の集落をゆったり巡る水牛車。コース内には大きなガジュマルの木やブーゲンビリアがあり、初夏には真っ赤なデイゴの花も楽しむことができます。

スロープが用意されているので、車いすの方の体験が可能です。

体験者の声

  • 座席が折りたたみできるようになっており、車いすのまま乗り込むことができた。
  • 水牛車は車いすの種類等により、車いす使用のままではご利用頂けない場合があります。

4日目
11:00
竹富島観光

沖縄本島や石垣島と同様に、竹富島にも車いすでも乗車可能な介護タクシーがあります。

竹富島の遠浅で綺麗なビーチや観光施設など、フリープランで観光できる他、人気スポットはドライバーがガイドをすることもできます。

招聘事業にご参加頂いた株式会社エイチ・アイ・エスより、車いす使用者、ご高齢者向けの沖縄旅行商品の販売が開始されました。詳しくはこちらのニュースリリースをご覧ください。

※本モデルコースは「平成31年度沖縄観光バリアフリー推進事業」において実施した、招聘事業でのツアーをベースに作成しています。