モデルコース【海と首里城 よくばり日帰り旅】

8:00那覇空港

沖縄の玄関口である那覇空港内には、ご旅行の計画や旅行中の支援を行う専門の窓口「しょうがい者・こうれい者観光案内所(沖縄バリアフリーツアーセンター)」があります。旅行前や旅行中の相談対応はもちろん、車いすやベビーカー、チェアボート、介護機器などのレンタルサービスも行っています。

また、「身障者専用乗降所」が整備されていて、車への乗降も安全です。

移動には、福祉車両のレンタカー(リフト付き、自走式)や、ドライバーが旅に同行する介護タクシー、お仲間との旅行やスポーツ合宿などの場合は、「そらぽーと号」やリフト付きの大型バスがおすすめです。

9:00恩納村 真栄田漁港

恩納村は本島随一のリゾート地でリゾートホテルが多く立地するエリアとなり、真栄田漁港はホエールウォッチングの出発地になります。
那覇空港から車で40~50分の距離になります。

船へ搭乗し、ホエールウォッチングに出発!
車いすを使用している方は移乗が必要になりますが、大きな船ですので、船内では車いすでの移動が可能です。

12:30御菓子御殿 恩納店

昼食は、紅芋タルト発祥のお店である御菓子御殿(恩納店)でいかがでしょうか。ここでは、紅芋タルト作り体験が楽しめます。
また、紅芋タルトをはじめ、沖縄ならではのおみやげを多く揃えております。

15:00首里城

琉球王国の政治・外交・文化の中心地であった首里城。「守礼門」や「奉神門」等の色鮮やかな建築物から、当時の豊かな文化を感じることができます。

令和元年10月に首里城本殿が焼失してしまいましたが、現在は復興の様子を見学することができます。
見学できるルートは、バリアフリーになっているため、車いすを使用している方でも見学することができます。

※本モデルコースは「令和2年度沖縄観光バリアフリー推進事業」において実施した、招聘事業でのオンラインツアーをベースに作成しています。